ルノルマンのお部屋

ルノルマン好きの方達との憩いの場になればいいなと思って始めました。ブログ🔰です。カード占い好きな方ももちろん大歓迎です。

ルノルマンのリーディングのコツ(カード解説基本編・7 蛇)

カード解説基本編では、私が普段リーディングをする上で、各カードの世界観をどのように理解し、どうやって解釈しているのかを順番に紹介しております。

解釈については、主語・述語・修飾語や、対人・金運・健康・仕事などの観点から分類・整理をして下さっている本もたくさんありますが、私はそうした分類を覚えることよりも、カードの世界観とそこから生まれる基本のkey wordを何も見なくてもスラスラっと話せるくらいに体に染み込ませることの方が大切だと思っています。

36枚のカードの解説を終えたら、コンビネーション読みのコツに移りたいと思います。長丁場ですがお付き合い頂ければ嬉しいです。

7   蛇

©︎pixies astounding lenormand
【カードの世界観】

ルノルマンカードの7番目の蛇は、ネガティブカードとして裏切りや嫉妬、妬み、誘惑といった悪感情や、複雑な事態が起こることを表すとされています🐍。

なお、蛇は女性👩を表すとも言われていますが、すぐにネガティブな意味と結びつけてしまい、蛇のカードを、当然に悪意を持った女性として読まないようにして下さい。

蛇は、聖書のみならず世界中の神話や民間伝承の中に出てくる生き物であり、畏怖と畏敬の両方を集める生き物です。蛇のカードの解釈する上で、読み手のバックグラウンドにある伝承や信仰を基にすることがあってももちろん良いと思います。

ただ、私たちが扱っているのは現実的な解釈に重きを置いているルノルマンカードです。まっさらな状態で蛇のカードを学ぼうとしている方は、聖書や神話、伝承の知識を仕入れる前に、まずはカードの絵柄にある蛇という生き物を、現実に即して素直に解釈するところから始めてみてはいかがでしょうか。

私たちは理屈ではなく本能で蛇🐍という生き物を恐れています。

捕食者としての瞼のない濁った鋭い目、うねうねと曲がりながら移動する様、種によっては猛毒を持っており、獲物に巻きついて窒息させて丸呑みにするものもいます。

蛇は茂みや地面の色に同化して、いつの間にか私たちの足元まで近づいてきています。そして、私たちが油断し、予想していないタイミングで蛇は襲い掛かってきます。

蛇の中には毒を持つ種類もあり、噛まれることで強い痛みや患部のはれ、吐き気、頭痛などを引き起こし、最悪な場合は死に至ることもあります。

そうした蛇の持つ特徴や危険を基にして生まれる言葉(解釈)は、蛇に関する神話や伝承から生まれる解釈とは趣が異なるものかもしれません。

そして、蛇がもたらす危険は決して回避不可能なものではありません。

私たちが蛇の危険から身を守るためには、常に周囲に気を配り、用心深くしておくことです。

そうすることによって蛇の存在を察知し、事前に対処することが可能となります。

【世界観から導かれるkey word】

蛇が身を隠して獲物に近づき襲い掛かる様からは、key wordとして「隠された危険」という言葉が生まれます。

ここでいう危険とは、蛇の毒のように、私たちの心や体を蝕み苦しめるものでしょう。

蛇の体や動く様子からは「曲がりくねった」「ねじれた」という解釈が生まれます。

蛇のカードが表すとされている「恨み」「嫉妬」「憎しみ」といった「悪感情」を他人からぶつけられた時、あるいは私たちが他人に対して悪感情を抱いた時、心身は不調をきたしてしまい、平常心ではとてもいられません。

蛇のカードが表す「悪感情」は、私たちの心や体にとって蛇の毒と同じくらい危険なものといえるでしょう。

聖書に出てくる「蛇」にまつわる話からは、「欺き」や「裏切り」、「誘惑」といった言葉が生まれます。その一方で聖書において蛇は「賢い」生き物とされていることから「知識のある」「抜け目がない」といった解釈もできます。

私はあまり神話や伝承に基づいた解釈はしないのですが、アダムとイブが蛇に唆されて禁断の果実を食べてしまい楽園を追放された話くらいは聞いたことがあるので、神話や伝承の世界観がイメージできる解釈については採用することもあります。

また、蛇は一般に「女性」を表すとされていますが、これは蛇の持つ嫉妬や恨みといった感情的な言葉と女性性を結びつける考え方が背景にあると思われます。

もっとも、世界観のところで述べたように、女性と悪意が当然に結びつくわけではなく、蛇が女性そのものを表すこともあれば、女性と賢さを結びつけて「聡明な女性」「魅力的な女性」といったようにポジティブな意味で読むこともできるので、リーディングの際には注意が必要です。

蛇のカードが持つネガティブの内容は人の悪感情に由来するものです。

そして、蛇のカードがもたらす危険は私たちに気づかれないように近づいてきます。そのため相手を示すカードの近くに蛇が出た時には、「この人なら大丈夫だろう。」とか「まさか、この人に限って。」と貴方が安心しきっている相手ほど慎重に見極める姿勢を忘れないで下さい。

また、自身が他人に対して嫉妬や恨みといった悪感情(蛇の毒🐍)を抱く根底には、相手への憧れや好意があること、相手への期待といった、ネガティブとは真逆な気持ちがあるのかもしれない、と教えてくれているのかもしれません。

【カードの属性】

1枚引きで蛇のカードが出た場合は、Challenging/挑戦(No)のカードとして解釈するようにしています。

次回はルノルマンカードの8番目の棺のカードを解説します。

www.lenormand.ink