ルノルマンのお部屋

ルノルマン好きが楽しく集えるブログするのが目標です✍️ブログ記事に関するご意見、ご質問は大歓迎です。ご希望の方には無料でのメール鑑定もやっています📮興味のある方はお問い合わせフォームからどうぞ。

ルノルマンのリーディングのコツ(徹底解説:グランタブロー編🖼🎨)

【徹底解説:グランタブロー編】

今回の記事ではルノルマンカードの醍醐味ともいえる36枚のカードをすべて用いたグランタブローを徹底解説していきたいと思います。

グランタブローはフランス語で「大きな絵画」という意味です。

言われてみれば8枚×4行+4枚のレイアウトのものは、8枚×4行の配置が絵画を表しており、4枚の部分が絵画のタイトルが書いてあるラベル🏷のように見えせんか。

グランタブローは一度のカード展開で、質問者の恋愛・仕事・健康・金運・教育・家族関係・旅立ちetcを一挙にリーディングすることができる優れものです。

グランタブローに描かれているのは私たちの人生における一場面といっても過言ではありません。

グランタブローのレイアウトは【9枚×4行と【8枚×4行+4枚のレイアウトのものが有名ですが、私はリーディングの締めにラベルカードの4枚を読み取って終わるのが好きなため8枚×4行+4枚のスタイルを採用しています。

もっとも9枚×4行のスタイルのリーディングでも問題なく使えるコツをきちんとお伝えしますので安心して下さい。

ちなみにグランタブローのレイアウト【9枚✖︎4行】と【8枚✖︎4行+4枚】の間に優劣はないことを考察した記事はこちらにあります。よかったらこちらもどうぞ😌⬇️

www.lenormand.ink

【グランタブローを展開する前のポイント】

①個々のカードに割り当てる人物設定やキーカードの設定は展開前に行いましょう

通常、質問者が女性の場合は淑女のカードが質問者を表し、恋愛の質問をする際には相手の男性を紳士のカードに設定しながらカードを切ります。

他にも、友人のことを知りたければ犬のカードに友人を割り当て、特定の仕事のことを知りたければ狐のカードに仕事を割り当て(月や魚のカードに仕事を割り当てるとする本もあります。)、このように質問者が特に知りたいことや人物がいる場合にはカードをシャッフルしている間に心の中で個々のカードの割り当てを決める作業を行います。

もちろん36枚全てのカードの割り当てを決める必要はありません。

私はリーディングの幅を狭めたくないので、質問者のカードとお相手のカードとして紳士・淑女の2枚を使うことだけを決めておいて、あとのカードは自由に読むようにしています。

ここで一つ注意点があります。

カードを展開した後に個々のカードの割り当てを変更することはリーディングに混乱をきたすので止めた方がよいです。

例えば恋愛相談においてライバルとなる人物として「犬」のカードを割り当てた場合、カード展開後に犬のカードを親友として読もうとするときっと混乱します。

これに対して、シャッフル段階で役割を割り当てられていないカードは意味を固定せずに読みますので、キーカードを変えて読むごとに意味が変わることは問題ありません。

以上のことを簡単にまとめますと、

  • シャッフル前にカードに固定した人物やキーカードの意味は変えないようにする🆖
  • シャッフル前に特に意味や人物を固定しないカードは、リーディングの際の組み合わせによって意味を変えて読むのは大丈夫🆗

と覚えてもらえば良いかと思います。

【グランタブローの時間枠を設定する】

特に意識することなくグランタブローを展開した場合には、本によっては1ヶ月から3ヶ月、長いもので半年から1年間を対象としていると解説する本もあります。

もっとも、どのような占いでもそうですが未来は占いによって固定されることはありませんので、リーディングの結果を踏まえて自らの意思で行動することにより未来はどんどん変わっていきます。

私はグランタブローを展開する前にあらかじめ「今週」や「今月」のことを教えて欲しいと思いながらシャッフルしています。

このようにして時間枠を予め設定しておけば、グランタブローのやりすぎの防止にもなります。

他にも展開後のカード配置を見て、特定の過去の出来事とカードとの結びつきから時間枠を読み取る方法や、カードを解釈して時間枠を読み取る方法もありますが、これはまた別の機会に回したいと思います。

2022.11.18追記。グランタブローでタイミングなどを予測するリーディング方法の解説記事はこちらです。

www.lenormand.ink

【グランタブローのリーディング方法】

グランタブローのリーディング方法に正解はなく、カードリーダーの数だけ、その方が持つ知識や経験に基づいた方法があると言えます。

ここでは私がグランタブローをリーディングする際に用いる以下の8つの方法を実践例を交えて解説していきたいと思います。

8つの方法に特に順番や優劣はありません。

ここに挙げたもの以外にも、もちろんリーディングの方法はありますが、以下の8つの方法をきちんと実践するだけでも軽く1時間❗️はかかる上に、質問者の方の満足を得られることも多いため、私にとっては必要十分であるといえます。

  1. 質問者を表すシグニフィケーターのカードがスプレッドのどの位置に出ているかによって質問者の置かれている状況を把握する方法。
  2. シグニフィケーターのカード又はキーカードとそれを取り囲む合計8枚のカードを組み合わせるリーディング方法。
  3. シグニフィケーターのカードの水平軸にあるカードから、質問者の過去・現在・未来へと繋がる状況をリーディングする方法。
  4. シグニフィケーターのカードの垂直軸にあるカードから、質問者の思考や無意識下にあるものをリーディングする方法。
  5. 展開されたカードに対して、そのカードが置かれているポジション(通称「ハウス」)の意味を付与させるリーディング方法(通称「ハウス法」)。
  6. 展開したカードの左上の3枚のカードからリーディングの予告編を明らかにする方法。
  7. 展開したカードの4隅のピンカードを組み合わせてリーディングの概要を知る方法。
  8. グランタブローの一番下にある4枚のラベルカードをリーディングのエッセンスやアドバイス、真髄としてリーディングする方法。

次の実践編では私が過去にリーディングしたグランタブローを参考にしながら、上記1から8の方法の解説をしていきたいと思います。

【グランタブロー実践練習編】

今回紹介するグランタブローの実践例は、質問者の方からも的確であったと好評価を頂けたものなので参考になるかと思います。

質問の内容は、質問者様は女性で交際期間が半年の彼がいますが、最近すれ違いが多く喧嘩が続くため二人の関係がどうなっていくのか不安であるとのことでした。

展開されたグランタブローは次の通りです。

©︎pixies astounding lenormand

今回は実践練習ということでリーディングの方法を1から8の順番に適用していきますが、実際のリーディングでは自分がピンときた方法から入って構いませんし、全部の方法を用いてリーディングをする必要はありません!

⭐️方法①:質問者を表すシグニフィケーターのカードがスプレッドのどの位置に出ているかによって質問者の置かれている状況を把握する方法。

©︎pixies astounding lenormand

グランタブローにおいてシグニフィニケーターのカードの左側にある列は過去を表しており、右側の列は未来を表しています。

そして、シグニフィケーターのカードに近い列ほど、直近の過去あるいは直近の未来を示しています。

もし、シグフィニケーターのカードが一番左の列に出た場合には、質問者に過去がないのではなく、まっさらな状態でのスタートあるいは新たな始まりを意味していると言えます。

他方、一番右の列に出た場合には質問者に未来がないのではなく、今までやってきたことが一つの区切りを迎えようとしている段階であり、未来は白紙の状態であることを意味しています。

本によってはシグフィニケーターのカードが右端に出た場合には、シャッフルからやり直すとする本もありますが、ハウス読みで対応する場合もあります。

そしてシグニフィケーターのカードの上にあるカードは質問者の思考や考えを表しており、下にあるカードは質問者が無意識レベルで取っている行動や制御下にあるものを表しています。

分かりやすく言うと、シグニフィケーターの上にあるカードは質問者の頭の中を占めていることで、下にあるカードは特に意識することなく受け入れられていること、コントロールできていることを表していると思って頂ければ良いかと思います。

つまり、シグフィニケーターがグランタブローの下の行、とりわけラベルカード4枚の位置に出ている場合には、質問者は考えることが多く、思考が圧迫されており、身動きが取れないような状況にあると言えます。

他方、シグフィニケーターがグランタブローの一番上の行に出た場合には、ポジティブ・ネガティブを問わず大体の事柄は自身の制御下にあると言えます。

これを展開したグランタブローに当てはめて読んでみたいと思います。

©︎pixies astounding lenormand

まず、質問者を表すシグニフィケーターの淑女のカードを探したところ、一番左の列の一番下の行に出ています。

また、彼を表す紳士のカードも左端の列に出ていることから、二人の関係性は、過去の出来事が影響を与えているというよりは、これから先のお二人の交流の仕方よって決まっていくものと読めます。

淑女のカードが左下隅の位置にあることから、貴方様は現状ままならないことが多く、自分の力ではどうにもならない状況に追い詰められていることが読み取れます。

他方、彼を示す紳士のカードは上から2段目に出ており、貴方様との関係性も含めてだいたいの事柄は自身のコントロール下にあり、あまり動じている様子がないことが読み取れます。

彼とはすれ違いがあるとのことですが、現状に対する余裕の差もそう感じる原因となっているように思います。

紳士と淑女のカードの距離からお二人の関係を読み解く方法についての深掘り解説はこちらをどうぞ⬇️

www.lenormand.ink

⭐️方法②:シグニフィケーターのカード又はキーカードとそれを取り囲む合計8枚のカードを組み合わせるリーディング方法。

©︎pixies astounding lenormand

ルノルマンリーディングにおいてはカード同士の位置関係、相互関係は非常に重要とされており、あるカードAに直に接しているカードBが、Aのカードに最も影響を与えているという基本的なルールがあります。

グランタブローにおいては、質問者を表すシグニフィケーターのカード又はフォーカスするキーカード(恋愛ならハート、健康なら木)を中心に見た時に、中心のカードが光源となり、それに隣接する8枚のカードを浮かび上がっている様子をイメージして下さい。

この合計9枚のカードを見ていきますと、左側の列から順に過去・現在・未来を表しているとされています。

上の行は意識や思考しているもの、未知のものやコントロールできていないものを、真ん中の行は質問者が取り組んでいる物事を、下の行は無意識に根ざしているもの、既知のもの、コントロール可能なものを表すとされています。

この9枚のカードの読み方を取り上げて、徹底解説した記事がありますので、お時間のある時にこちらも是非お読み頂ければと思います。

www.lenormand.ink

それでは、さっそく展開したグランタブローに当てはめて読んでみたいと思います。

©︎pixies astounding lenormand

紳士と淑女を挟むようにして指輪のカードと蛇のカードが出ております。

指輪と蛇の2枚のカードはシグニフィケーターの淑女のカードと、お相手の彼のカードによって二重に光が当たっているといえるため、強い影響を二人に対して持っていることがわかります。

まず、指輪のカードからは、お二人の交際が読み取れるのと同時に、指輪のカードの右隣には蛇のカードが出ているため、二人の関係には隠れた問題があることが伺えます。

紳士のカードの右隣は時間をかけて成長していく木のカードが出ているため、彼の中で蛇のカードが表す問題が時間を経つごとに大きくなっている様子が読み取れます。

他方、淑女のカードの右隣には棺のカードが出ているため、貴方様にとって蛇のカードが表す問題点は終焉に向かう様子が読み取れます。

蛇のカードが表す問題は、貴方様には整理がついたとしても、彼の方では整理がついていない問題であるといえます。

紳士のカードの上には新たな出会いや知らせを示す騎士と、感情的な充足感を示す月のカードが出ておりますので、これを貴方様のこととして読めば今よりもっと関係性を深めていきたい、となるでしょうし、貴方様以外のことで読むとすれば彼が何か情熱を傾ける新たなものを求めている様子が読み取れます。

そして、月の右隣の障害を示す山のカードがそれを阻む物の存在を示唆しており、彼の中の満たされない気持ちがあることを表しています。

彼には何か仕事や事業といったもので打ち込んでいるものがあるように見えます。

貴方様以外の女性に心を奪われているようには解釈しづらい配置のためそう思いました。

⭐️方法③:シグニフィケーターのカードの水平軸にあるカードを、質問者の過去・現在・未来へと繋がる状況としてリーディングする方法。

©︎pixies astounding lenormand

シグフィニケーターの左側にあるカードは過去に起こった出来事として解釈し、右側にあるカードは未来に起こる可能性のある出来事ととして解釈します。

シグフィニケーターのカードの水平軸にあるカードの中で、最も左側に離れている位置にあるカードが最も古い出来事を表し、最も右側に離れているカードが最も長い未来の出来事を表しています。

カードの読み方はシグフィニケーターのカードに最も近いものから順に直線的に読んでいくことになります。直線的に読んでいく中でカードの解釈に迷ったら,そのカードに隣接するカードを組み合わせて意味を補充していきます。

これを展開したグランタブローに当てはめて読んでみたいと思います。

©︎pixies astounding lenormand

淑女のカードの右側の棺のカードとその上の蛇のカードから、隠された問題が終わりを迎えることになり(棺+棺)、貴方様には選択肢が与えれます(道)。

選択肢(何かから離れるニュアンスものになります)を決めた先には(鎌)、経済的な安定や活発なコミニュケーションが待っています(魚と鳥)。

そして、貴方様は時間を味方につけてじっくりと準備を整えたら(百合)、大事な話し合いに臨むことになるでしょう(鞭+鞭の上の鍵)。

⭐️方法④:シグニフィケーターのカードの垂直軸にあるカードから、質問者が現在意識していること、又は無意識下/コントロール下にあるものをリーディングする方法。

シグフィニケーターの真上にあるカードは、相談者が現在、考えていること、意識していること、悩んでいることを表します。

シグフィニケーターの真下にあるカードは、相談者の無意識下にあるもの,コントール下に置いてあるものを表します。

©︎pixies astounding lenormand

展開したグランタブローを読んでみますと、淑女のカードの真上に関係性を示す指輪と彼を示す紳士、その上には新たな便りやメッセージを示す騎士が出ているので、貴方様が彼との関係性において新たな提案なりメッセージが届いたことに悩んでいる様子が伺えます。

⭐️方法⑤:展開されたカードに対して、そのカードが置かれているポジション(通称「ハウス」)の意味を付与させるリーディング方法(通称「ハウス法」)。

グランタブローを展開した際にカードを配置していくポジションのことをハウスと呼びます。

それぞれのハウスには対応するルノルマンカードが決まっており、ハウスに対応するカードが変更されることはありません。

分かりやすくするためにハウスの全体像をまず見てみましょう。

©︎pixies astounding lenormand

左上から順番に騎士のハウス、四葉のハウス、船のハウス、家のハウス、、、とルノルマンカードの順番にハウスが並びます。

9×4のスタイルも同じように左上から順番に騎士、四葉、船、、、とルノルマンカードの順番にハウスが並びます。

ハウスはそのポジションに配置されたカードに対して、ハウスのカードが持つ意味を付与する効果を持ちます。

例えば19番目のハウスは塔のハウスとなりますので、塔のハウスに配置されたカードに対し、塔が持つ意味を付与することになります。

本によってはハウス法は、展開された「〇〇のカードと、〇〇が置かれているハウスのカード□□のコンビネーション読みである」とシンプルに解説しているものもありますが、ハウスのカードを主題やテーマにして読むことはあまりないと思います。〇〇のカードに対して、ハウスのカード□□が表す状態を付与するイメージの方がしっくりくるかと思います。

例えば、紳士のカードが塔のハウスの位置に出た場合には、紳士が表す人物に対して、塔が持つ見張りの意味を付与されて、その人物が視野を広く持って行動することを表していると解釈することができます。

このハウス読みを徹底解説した記事はこちら⬇️

www.lenormand.ink

ハウスの連鎖:ハウス法を用いることで深いリーディングをすることが可能です。

  • まず、 シグフィニケーターやキーとなるカードに対して、それが配置されているハウスのカードAによる意味づけを行います。
  • そして、ハウスのカードAが本来のAの位置ではなく、どこの位置にいるのかを確認します。
  • ハウスのカードAのカードがハウスBの位置にいるとすると、Aのカードに対してハウスBのカードによる意味を付与します。
  • ハウスのカードBのカードがハウスCの位置にいるとすると、Bのカードに対してハウスCのカードによる意味を付与します。
  • 同様にCのカードがいる位置を探して同じ手順で解釈をつづけていきます。
  • 最後にシグフィニケーターやキーとなるカードまで戻ってきたら解釈は終了です。

この手法を用いればこれまでに紹介しました水平軸・垂直軸、9枚の解釈がしづらいものや、シグフィニケーターやキーとなるカードが端に出てしまい解釈が難しい場合にもリーディングを行うことが可能となります。

もっとも、私はシグフィニケーターやキーとなるカードに戻るまでハウスを連鎖させることは稀で、長くても2、3回ハウス読みをすれば十分なことが多く途中で打ち切ることが多いです。

これを展開したグランタブローで読んでみたいと思います。

©︎pixies astounding lenormand

今回のグランタブローではキーとなる彼を示す紳士のカードは9番の花束のハウスにいます。

そして、花束は14番の狐のハウスに、狐のカードは12番の鳥のハウスにいますので、彼は愛を示す贈り物をしようとしていますが、その花束は狐のハウスによって素直に信じても良いものか警告されています。

そして,狐のカードは鳥のハウスに出ていますので、彼の言葉を信じても良いのか疑ってしまう予兆があると読めます。

⭐️方法⑥:展開したカードの左上の3枚のカードからリーディングの予告編を明らかにする方法。

©︎pixies astounding lenormand

展開したグランタブローの左上の1番・2番・3番の3枚のカード(基本書によっては4番も含めた4枚のカードとするものもあります。)はリーディングの予告編・導入部となります。

これを展開したグランタブローで読んでみたいと思います。

©︎pixies astounding lenormand

今回のグランタブローでは左上の3枚の位置に騎士・月・山のカードが出ておりますので、本来であれば喜ばしいはずの他者からの評価が障害や重しになっているように読めます(山)、そしてそれが相談者様あるいはお二人にのしかかってくると読みました。

⭐️方法⑦:展開したカードの4隅のピンカードを組み合わせてリーディングの概要を知る方法。

©︎pixies astounding lenormand

展開したグランタブローの1番のハウスと32番のハウスの位置にあるカードの組み合わせと、8番と25番のハウスの位置にあるカードの組み合わせから、リーディングを補足することができます。

これを展開したグランタブローで読んでみたいと思います。

©︎pixies astounding lenormand

実践例のグランタブローの4隅のピンカードを見ますと、1番の騎士と11番の鞭のカードからは彼と対立するような知らせがあること、16番の星のカードと29番の淑女のカードからは貴方様が彼との関係で理想や希望を抱いている様子が窺えます。

⭐️方法⑧:グランタブローの一番下にある4枚のラベルカードをリーディングのエッセンスやアドバイス、真髄としてリーディングする方法。

©︎pixies astounding lenormand

グランタブロー(8×4+4)のスタイルの一番下の4枚のラベルカードはリーディングにおけるエッセンスやアドバイス、真髄を表しているとされます。

4枚のラベルカードの位置の一つ一つに意味を固定する方法もありますが、私は4枚のコンビネーションで読むのが良いかと思います。

これを展開したグランタブローで読んでみたいと思います。

©︎pixies astounding lenromand

展開されたグランタブローの一番下にある4枚のカードの雲とネズミからは、彼との問題の解決の糸口が見えないことでの不安や混乱から(雲)、貴方様が日々ストレスを抱えていること(ネズミ)、貴方様がそうした環境から一旦距離を取る、あるいは離れることが船のカードから読みとれます。

これだけですと先行きが暗いように思うかもしれませんが、最後に出ているカードがハートでしたので、今のお辛い現状に対して、貴方様のアプローチの仕方が距離を置くことや一線を引くことだとすると(船)、彼と距離ができるような気がして寂しく感じてしまうかもしれませんが、それはお二人がこれからも愛を育んでいくための試練の時だからやむを得ないことだと、読みました(ハートと十字架のハウス)。

【まとめ】

私がリーディングの結果をお伝えした後に質問者様から、彼から交際間もない段階でプロポーズをされ、好きな気持ちはあるものの重要な決断となるため時間が欲しいこと、冷静になりたいため彼とは少しずつ距離を取るようにしていること、彼も彼で職場から新たな役職を任せられたばかりで一生懸命仕事に打ち込んでおり、質問者様が同棲に応じてくれないことに不満を抱えていることを教えていただけました。

そんな質問者様の状況とこれまで述べてきたリーディングの結果を見比べてみていかがでしょうか。

今回ご紹介した8つのリーディングの方法はいずれもルノルマンの解説本には必ずと言って良いくらい載っている基本的なものばかりです。そうした基本とも言えるリーディング方法だけでもグランタブローからはこれだけたくさんの情報を読み取ることができるのです。

グランタブローの上達のコツは実践あるのみです。

グランタブローで培ったリーディング力は2枚引き・3枚引き・5枚引き・9枚引きその他のスプレッドでのリーディングに必ず役に立ちます。

いろんなことをグランタブローで占ってみて下さい。

今回の記事が皆様のリーディング力向上の一助になれば幸いです。

次回の徹底解説グランタブロー編では紳士と淑女のカードがお互いに斜めの位置にある場合の解釈について徹底解説していきます。

www.lenormand.ink

グランタブローの遠近法に関する徹底解説記事はこちらをどうぞ⬇️

www.lenormand.ink

グランタブローの遠近法に関してエッセンス部分を抽出した三部作の上巻(基本のエッセンス編)はこちら⬇️

www.lenormand.ink

グランタブローの遠近法に関する3部作の記事の中巻(グループカードのエッセンス編)はこちら⬇️

www.lenormand.ink

グランタブローの遠近法に関する3部作の記事の下巻(グランタブロー実践編)はこちら⬇️

www.lenormand.ink